流域概要

 最上小国川は、山形県の北東部に位置し、宮城県境の翁峠から、みみずく山に連なる山々を源とし、絹出(きぬで)川、最上白川などの支流をあわせて最上川に合流する一級河川です。最上川の支川では鮭川、須川、寒河江(さがえ)川に次いで4番目の流域面積(401.2km³)を占め、最上町と舟形町を貫流しています。

 最上小国川流域は、東北地方でも雨の多い地域であること、イチョウの葉のような形で数多くの支川が合流すること、さらに広葉樹を多く含む豊かな山林が多いことから年間を通して豊富な水量を誇り、沿川の自然や産業を育んでいます。

ダムの概要

 流水型ダムとは、ダムの持つ様々な機能のうち、治水の機能に特化した目的で建設される、常時水を貯める必要のないダムの一形態です。
 最上小国川ダムは、この『流水型ダム型式』で建設します。

流水型ダムの特徴

洪水時には一時的に洪水を貯留し、下流沿川の洪水被害を軽減します。

利水機能は持たず、通常時はダムに水を貯めません。

通常時はダムに水を貯めないため、流入水とほぼ同じ水質が維持されます。
上流から流れてきた土砂を全て補足するのではなく、流水と同時に土砂が流れます。

容量配分図 ※画像クリックで拡大表示

貯水池諸元
集水面積 37.4km²
湛水面積 0.28km² ※サーチャージ水位時
総貯水容量 2,300,000m³
有効貯水容量 2,100,000m³
堆砂容量  200,000m³
設計洪水位 EL.311.5m
サーチャージ水位 EL.309.0m
常時満水位 EL.276.0m
 

工事概要

 
工事名 平成26年度債務負担行為工事ダム整備事業最上小国川流水型ダム堤体工事
工事場所 山形県最上郡最上町大字富澤地内
河川名称 一級河川最上川水系最上小国川
工期 平成27年2月26日~平成31年6月30日(約4年4ヵ月)
発注者 山形県
請負者 前田・飛島・大場特定建設工事共同企業体
ダム諸元 型式 重力式コンクリートダム(流水型ダム)
堤頂標高 EL.313.0m
基礎岩盤標高 EL.272.0m
堤高/堤頂長/堤体積 41.0m/143.0m/39,850m³
主要工事 上流工事用(管理用)道路工 道路土工、擁壁工(LUC工法)、ボックスカルバート工、舗装工
下流工事用道路工 道路土工、締切盛土、法覆護岸工、舗装工
転流工 仮締切工、トンネル工、呑口導流壁工
基礎掘削工 掘削:58,090m³、岩盤面処理:6,390m²
コンクリート打設工 堤体:36,320m³、減勢工:3,530m³、端部処理工:2,690m³
打設方式:200tクローラークレーンによる拡張レヤー工法
強高度コンクリートパネル(UFC) 常用洪水吐部:9m²、減勢工副ダム部:106m²
天端橋梁工 PC橋桁製作架設工:36本(6径間)
基礎処理工 コンソリ:628m、カーテン:3,042m
主要仮設備 コンクリート製造設備:1.5m³×2型傾胴式
骨材貯蔵設備:貯蔵ビン方式(購入骨材)
濁水処理設備:150t/hアクアフィルタシステム

※図面クリックで拡大表示

標準断面図

下流面図

平面図